山口県下関市 のふぐ料理 ふく処喜多川とは

 明治の始めの頃、四代目の北川道雄の曽祖父は、下関の対岸 門司港 錦町で、料理屋「菊水」を開業。その次男である祖父は、料亭「菊の家」を経営。料理屋として、門司地区で、一、二を競う繁盛店であった。

 太平洋戦争末期には、国章としての菊の御紋との繋がりから、菊の家は、日本軍の機密会議所や接待場所として提供を余儀なくされた。

 跡取りを知覧特攻隊で亡くすなど、戦後の混乱期に、菊の家は料亭としての姿を消した。

 料理人として、西日本で屈指の腕を誇ると言われた祖父は、弟子達が全国各地に広まり、日本料理の技術を伝えた。昭和24年より、長女の夫である「下関あさひ旅館」の息子、北川保(道雄父)の料理指南役となる。昭和37年、あさひ旅館から独立した先代は、屋号を喜多川に改め、現在に至る。

山口県 下関市 ふぐ料理といえば、ふぐ会席・ふぐ料理の老舗 ふぐ処 喜多川

喜多川のふぐ料理

 【親の仕様を子が似せて代々継ぐのを老舗と言う】   

 代々受け継がれたふぐ料理、ふぐの仕入の目利きから、素早い処理、徹底した 温度管理のもと造り上げられる。

 本場下関のふぐ料理、水気が少なく、弾力のある歯ごたえ、透明度が高く、透けて見える歌麿の絵皿が その証拠。

 秘伝のポン酢にもみじおろし、下関特産の鴨頭葱(ふぐ葱) を添えて、高級魚の極み、天然とらふぐの醍醐味を ご堪能下さい。

山口県下関市 のふぐ料理 ふく処喜多川のふぐ刺し・てっさ
下関のふぐ ふく処喜多川

下関市のふぐと言えば、
下関の老舗ふぐ処喜多川のふぐ料理

下関のふぐコース料理 トラフグ専門店 ふぐ処喜多川

ふぐ一筋百年老舗の逸品 ふぐ三昧

下関のふぐ逸品料理 トラフグ専門店 ふぐ処喜多川のふぐ一品料理

老舗の逸品  一品料理を味わう

山口県下関市のランチは、ふぐ処喜多川のランチで

お手軽 ふく満喫 ランチ

山口県 下関市の仕出し ふく処喜多川の仕出し料理

料亭の味をご家庭に 喜多川の仕出し

下関 ふぐ料理 冠婚葬祭料理

心のこもったおもてなし冠婚葬祭料理

山口県下関市 ふぐ料理 ふぐ処喜多川へのアクセス

ふぐ処喜多川へのアクセス

下関観光マップ | 山口県下関市 ふぐ料理の老舗

下関市 観光マップ | ふぐ料理の老舗 喜多川